ソーラーグッズのデメリット

| 未分類 |

太陽光発電の要とも言われるソーラーパネルは、日中の太陽の光を受けて太陽エネルギーを電気エネルギーに変換させる装置です。
太陽の光を燦々と受けている間は発電が可能であっても、夕刻から徐々に発電量は低下し、夜間では太陽の光が有りませんので、発電を促す事が出来ません。
これはソーラーパネルにおける唯一のデメリットとも言えるのです。

 

 

そのため、日中発電した電力を蓄電池を利用する事で、夜間の照明などとして利用する事が出来る事からも、発電設備の1つとして利用する人もいるのです。

 

 

震災や災害などの時、電力によるライフラインが停止しても発電を可能にしてくれますが、夜間の電力は太陽の光が有りませんので、蓄電池を利用して電力を貯めておけば、夜間に電気を利用する事が可能になるわけです。

 

 

ソーラーパネルには、高温による発電量の低下と言うデメリットもあります。
夏と言う時期は、屋根の上の温度は80度を超えるとも言われていますが、このような高温の中でもソーラーパネルは発電を行います。
しかし、温度が高い分発電量がどうしても低下してしまうのです。

 

 

そのため、夏場と春先などと比較をすると、発電量には違いと言うものが起きると言われているのです。